Development

不動産事業部

超高齢化社会を背景に、ヘルスケア事業を中心とした、
不動産土地開発・企画立案・不動産賃貸・売買・仲介などを行っております。
不動産土地活用のご相談などを含め、オーナー様にきめ細やかなサービスフォローをさせていただきます。

Why?なぜ今、不動産土地活用は介護事業社向けなのか?

不動産土地活用と聞くと、思い浮かべるのは、賃貸マンション、飲食店、コインパーキング等、様々な土地活用があげられます。
どれも決して、良くない土地活用ではございません。この様な土地活用はご存知の通り、日本各地に普及しており多くが成功しているという実績もあると思います。

そして近年、注目を浴びているのが、この『介護事業用地』の土地活用です。
2000年より介護保険制度が施行され、その後マーケットは急拡大をみせ、2025年には高齢者向け事業『医療、医薬品』『介護事業』『生活産業』の3つでいうと、100兆円規模になる見通しという調査結果も出ています。
その中でも介護事業は2012年調べでは、主要20社の売上高は7,226億円にのぼります。
こうした事からもわかる様に、成長事業分野という事は、一目瞭然であると思います。
それとこの事業における、最大のメリットは『空室リスクゼロ』と言う事。
最低20年以上の賃貸借契約を締結致しますので、長期に亘り安定的な事業運営が可能になります。

社会貢献、地元地域貢献の観点からも、遊休地の活用は介護事業社向けの開発をおすすめします。

Support!「投資家・地主様」をフルサポート

介護事業と言っても、様々な種類が御座います。
弊社は大手事業運営社との連携により、投資家様、地主様のご希望に沿ったご提案が出来ます。

成長事業分野と言えども、成功事業社と失敗事業社があり、決してどこでも良いという事はございません。

でもご安心下さい、弊社にお任せ頂ければ、最初の事業社選定から様々な事をトータル的にサポート致します。

また売買に関してもご相談下さい。

宅建業者免許番号 東京都知事 (1) 第98640号

不動産事業部に関する
お問い合わせ

RSSはこちら

株式会社プロスパーからの

お知らせ

2017.08.01 夏期休業のご案内
誠に勝手ながら弊社では、8月11日(金)~8月15日(火)までを夏期休業期間とさせていただきます。
皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。
2016.07.01 東京事務所ビル内の移転のお知らせ
2016年7月1日より、弊社東京事務所のビル内の階数が変わります。
ご不便を御掛けしますが、御確認のほどお願い致します

旧フロア : FORECAST新常盤橋ビル11F

新フロア : FORECAST新常盤橋ビル2F


〒103-0021
東京都中央区日本橋本石町3-1-2
FORECAST新常盤橋ビル2F